小倉中央商業連合会はPayPayと業務提携調印しました。

福岡県初の業務提携!
小倉中央商業連合会とPayPayの業務提携調印式の開催ついて

 国を挙げてキャッシュレス決済の導入を推進する中で、小倉中央商業連合会は小倉中心市街地でキャッシュレスを広めるため、令和元年6月14日に「小倉まちなかキャッシュレス宣言」を行いました。
 それを受けて、PayPay株式会社から小倉中央商業連合会に対し提携したいという提案があり、キャッシュレスを広めるための加盟店斡旋や利用促進イベントの計画などで、両者が動きだしています。
今回、これらの取り組みをより効果的なものとするため、正式に業務提携調印式を開催し、業務提携契約書を交わすこととなりました。
 なお、PayPay株式会社が福岡県下の商業団体と業務提携を結ぶのは初めてです。
 
日 時 12月3日(火)北九州商工会議所12月定例記者会見 終了後

会 場 北九州商工会議所2階特別会議室(北九州市小倉北区紺屋町13-1)

調印者 小倉中央商業連合会 理事長 小松 良明(コマツ ヨシアキ)氏
PayPay株式会社 営業本部 執行役員本部長 笠川 剛史(カサガワ タケシ)氏
      ※全国20拠点、数千名の地域営業の統括です

内 容 
①業務提携契約書の調印式
②加盟店斡旋の説明
③利用促進イベントの紹介

小倉中央商業連合会について
北九州市の都心である小倉の商店街、大型店及び商業団体が連携して、中心市街地の商業の活性化を図り、地域の経済・文化の発展に寄与することを目的に、平成3年に発足した組織。商店街組合等:13団体、大型店等:8団体の計21団体で構成され、加盟の店舗は約800店舗。新春の伝統行事や食のイベントの実施、地元J3サッカーチーム・ギラヴァンツ北九州の支援、プレミアム付き商品券の発行など、様々な取り組みを行っています。

PayPayについて
ソフトバンクのグループ会社3社が共同出資する、PayPay株式会社のスマートフォン決済サービス。ユーザーは、事前にチャージした電子マネー(PayPay残高)やクレジットカードから決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでご利用いただけます。 PayPay残高へのチャージは、銀行口座とのオンライン接続に加え、お近くのセブン銀行 ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでのお食事に便利な「わりかん」機能など、 さまざまな機能をご提供しています。

問い合わせ先
小倉中央商業連合会事務局(北九州商工会議所小倉サービスセンター内) 村里・木本
TEL:093-533-7337

プレスリリース:
小倉中央商業連合会とPayPayの業務提携調印式の開催について

あわせて読みたい