小倉まちなかキャッシュレス推進宣言

 小倉都心部の活性化については、まちの魅力を高め、多くの方々に小倉へ来ていただけるよう、北九州市や地元経済団体等と連携した取り組みを進めています。
 しかしながら、本年2月末、小倉駅前の商業施設「コレット」が閉店となり、都心のにぎわいに一抹の寂しさを感じ大変残念に思っています。小倉都心部では、近年、外国人観光客の増加も著しく、まちのにぎわい創出の一助となっています。本年4月には「小倉城」のリニューアルや「しろテラス」がオープンするとともに、「旧小倉ホテル跡地」は「にぎわい広場」の設置に向けた準備が進んでおり、まちの魅力向上につながるものと期待しています。
 このような中、本年10月には消費税率の引き上げが予定されており、それに伴う経済対策としてキャッシュレス消費者還元事業が実施されます。引上げ税率以上のポイント還元が予定されており、消費者にとっては恩恵が大きいと考えています。
 そのため、わたしたち小倉中央商業連合会では、これを機に、エリア内の中小事業者のキャッシュレス化を積極的に推進することで、より多くの方々がポイント還元の恩恵を受けながら小倉のまちで買い物を楽しんでいただけること、先進的な仕組みをいち早く取り入れ日本で一番元気な商店街・商業団体として発展することをめざして、ここに小倉まちなかキャッシュレス推進を宣言します。
 今後は、以下の行動指針に掲げる取組項目を実施してまいりますので、北九州市をはじめ関係者の皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

  令和元年6月14日

                 小倉中央商業連合会 理事長 小 松 良 明

【キャッシュレス化推進行動指針】

  わたしたち小倉中央商業連合会は、

 1 加盟団体の店舗においてキャッシュレス決済を積極的に導入します
 2 キャッシュレス決済やポイント還元事業の説明会の開催、キャッシュレス決済の導入状況の調査等を行います
 3 イベント実施の機会等を通じてキャッシュレス決済の普及啓発に努めます

あわせて読みたい