コレットの撤退報道を受けての理事長声明

 平成30年7月31日にJR小倉駅前のコレット井筒屋が来年2月をもって撤退すると報道されました。

 コレット井筒屋は当団体に所属する商業施設であり、小倉十日ゑびす宝籠道中、小倉食市食座、小倉にぎわい商品券事業など一緒にやってきた仲間であります。言うまでもなく、コレット井筒屋はJR小倉駅前にあり、北九州市の顔といってもよい存在であり、シンボリックな存在としてランドマークともなっております。

 コレット井筒屋の撤退は、小倉中心市街地へ大きな影響を及ぼすことが予想されます。撤退に伴う従業員の方々の雇用の確保を切に望むとともに、地権者のみならず北九州市当局にあっても、JR小倉駅前に巨大な空きスペースが生まれないような施策の実施を求めたいと思います。

 北九州市が直面する人口減少・少子高齢化に伴う消費減退の局面を打破し、小倉中心市街地を盛り上げるために当団体では、数々のイベント・セールなどに取り組んでまいりました。今後より一層、“街なか”が賑わうように活動してまいりますので、北九州市民の方々におかれましては、井筒屋をはじめ、地元商店街ならびに地元大型商業施設でお買い物していただければ幸いです。